よくある質問

お客様からよくお寄せいただくご質問と、その回答をご紹介いたします。
以下でご紹介する内容以外に、商品やサイトに関するご質問やご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

なにが一番おすすめですか?
クリエイティブ・ステージでは、デジタルベースでデザインを作成します。その後、刺繍であればコンピュータミシンによる縁取り刺繍、千鳥掛け、直刺繍の加工ができますし、圧着マークもデザインの上レーザーでカットし、作成を行います。そのため、どのようなマーク加工でも万遍ない対応が可能です。
用途とデザイン性によって、おススメを行わせていただきます。
オリジナルのワッペンは作れますか?
お客様のイメージを忠実に再現するよう配慮しております。
お持ちのラフイメージやアイデアを元にデザインを起こしますので、詳しくは一度ご相談ください。
自分でマークをデザインしたいのですが?
お気軽にご相談下さい。お客様が作成したデザインでもマーキングできます。
ただし、マーキング技術の観点から多少の修正をお願いすることもあり、場合によってはお取り扱い出来ない場合もありますのでご了承下さい。
おススメの刺繍はなんですか?
お客様の方に強いご希望がなければ、縁取り刺繍をおすすめします。野球等でも一番用いられるマーキングの方法です。
縁取り刺繍とは、マーク生地の輪郭を糸で縁取る取り付け方法です。縁取る際にビニール芯をいれることによって、刺繍のエッジが綺麗に仕上がります。
特にメッシュ素材には効果を発揮します。 本来縁取り刺繍は、ボリューム感・豪華さ・力強さを感じさせます。

ユニホームを持ち込んでマーク加工をしていただきたいのですが、対応していただけますか?
ユニフォームの仕入れからマーク加工まで一貫して提供しておりますが、持込にも対応しています。お客様のご要望を最大限に表現出来るよう、
最適のマーキングを提案させていただきます。
チドリ掛けとはどのような加工ですか?
チドリ掛けとは、マーク生地の輪郭に沿って、生地と同色の糸でジグザグにとめる取り付け方法です。縁取り刺繍に比べて豪華さには劣りますが、
価格は縁取り刺繍より安価ですし、圧着より耐久度がかなり増します。世界中のプロ野球、特にメジャーはこちらの方が支流です。
素朴で味わいのある仕上がり感が特徴です。そういった意味でも、玄人うけする加工方法といえるかもしれません。
縁取り刺繍のような仕上がりの豪華さはありませんが、素朴で味わいのある仕上がりで、伝統的・本格的といった言葉が似合います。
直刺繍はどれくらいの大きさまで大丈夫ですか?
直刺繍は幅1cm程が限界で、それ以上では糸がゆるむ可能性があります。
直刺繍は糸のみでユニフォーム等に直接刺繍するため、マーク生地は使いません。そのため帽子マークや袖マークや小さめの片胸マーク等、
比較的小型の取付け部分に向いています。
立体的な帽子マークはできますか?
質問はおそらく直刺繍にウレタン等を挟み込みボリューム感を出した仕上げのことですね。
厚さ数mmウレタン素材を入れることで、アメリカの帽子マークでときどき見かける 盛り上がったマークが出来上がります。
ただし字幅が細くなりすぎるとではウレタンを入れるのも難しくなりますし、逆に幅が広すぎると糸が緩む可能性があるので、けっこう難しいんですよ。
立体的な帽子マークを2色にしたいのですが?
ウレタンを挟むマークで2色の時は、基本として内側の部分(文字部分)のみを盛り上げます。そして外側の縁部分は普通の直刺繍とするのが一般的です。
外を直刺繍にすることで文字の盛り上がりが強調されてボリューム感が出るのです。2色ともに盛り上げると、その加工のよさが無くなりますので、お勧めできません。

圧着の利点はなんですか?
利点の第一番としては、低価格であるということです。それに比較的納期が早いということがあげられます。
欠点は、技術の向上で、剥がれ難くなったとはいえ、洗濯条件によったは、剥がれることもあります。特にポリエステル素材が多い昨今ではそれが顕著です。
素材と予算にあった加工方法を提案するように心がけています。
やはり圧着ではなく縁取り刺繍にしたいのですが?
特に問題はありませんが、圧着されている箇所を剥がす取外し料がかかります。また同じデザインのものが入るのであれば、痕跡も隠せるのですが、
違うデザインであれば痕跡がのこることがあります。そのむねの了解を得て仕事を進めます。
いろんなマーク方法を組み合わせると変ですか?
たとえば「帽子はスポンジ入り直刺繍、胸マークは縁取り刺繍、背番号はチドリ掛け」といった場合、全体の統一感からすると、批判的なご感想を持たれる場合もあります。
しかしながら、装飾性の少ない一色背ネームに関しては視認性を意識されるのか、意識的にチドリ掛けをご選択されるチームも少なくありません。
また1色チドリ掛けはいくらか安く仕上がるのは事実なので、部分的に縁取り刺繍をチドリ掛けに変更されるチームもいらっしゃいます。
統一感と、合理性・費用。必要に応じて組み合わせてよいと思います。
注文は、どのようにすれば良いですか?
まずお問合せを頂き、用途・デザイン・ユニフォーム等のご要望や状況をお聞きします。その上でお見積りをご確認いただき、ご注文いただくようになります。
注文してからどのくらいで商品が届きますか?
マーク加工や加工内容により工数が変わりますので、その都度納期をご連絡差し上げます。
追加注文は1着からでも可能でしょうか?
よろこんで対応させていただきます。お気楽にお問い合せ下さい。

メールはこちらから
  • 価格について
  • 納期までの日数
  • お支払い方法
  • 配送について
  • 返品・キャンセルについて